昭和

英国人捕虜が見た大東亜戦争下の日本人―知られざる日本軍捕虜収容所の真実

英国人捕虜が見た大東亜戦争下の日本人―知られざる日本軍捕虜収容所の真実 第17章 日出づる国へ――北九州市門司 第18章 大森捕虜収容所――大田区平和島 第19章 ビーチの仕事――品川区勝島 第22章 小名木川――江東区 […]

「月給100円サラリーマン」の時代─戦前日本の〈普通〉の生活

「月給100円サラリーマン」の時代 ──戦前日本の〈普通〉の生活 (ちくま文庫) 戦前社会が「ただまっ暗だったというのは間違いでなければうそである」(山本夏彦)。戦争が間近に迫っていても、庶民はその日その日をやりくりして […]

初心者でも簡単に個人商店を開店できます(昭和3年)2

続・商売種別ごとのノウハウ ※参考難易度 ★⇒易しい ★★⇒普通 ★★★⇒難しい ★★★★⇒初心者には厳しい ・万年筆店★★★ ……競争が激しい商品。暴利があるからといって、無名の粗悪品を売ってしまうと店の評判を落として […]

初心者でも簡単に個人商店を開店できます(昭和3年)1

昭和3年に名古屋広告協会が出版した書籍『一千圓開店案内』が、国立国会図書館アーカイブで公開されています。それを読んでみると、当時の商売についてのさまざまな事情を知ることができます。 タイトルにある一千円ですが、現在の物価 […]

不公平だらけの日本軍隊と徴兵

「どうして自分が?」「どうしてあいつだけが?」「なぜ、なぜなんだ……」 私たちが日ごろ生活していると、ついつい心のなかで感じてしまう、不平等や不公平感。それは戦前だった昭和――徴兵されて兵士になった者たちにもありました。 […]

戦前昭和のモダンな庶民生活

昭和3年生まれの作家、田辺聖子さんのエッセイで読む、昭和10年ごろの大阪の都会で暮らした日本人の生活です。 田辺聖子さんの実家は写真館で、祖父と父が経営し、その店舗兼住居には大勢の家族と奉公人(現在でいう従業員)が暮らし […]

児童向イラストと広告で見る昭和初期

1930年代ごろに出版された児童向け書籍のイラスト挿絵等です。戦前昭和らしい歴史を感じさせるレトロ感と、現代ではありえないだろうテーマを選んでみました。 以下国立国会図書館デジタルコレクションからダウンロードしました。全 […]

トップへ戻る