イヴァン雷帝4~息子の死と崩御

9.大火とポーランド王選出

カザンとアストラハンを奪回しようと、タタール人は幾度もロシアへ侵攻しました。
1571年、タタールがモスクワの家屋に放火します。たちまち大火となり、首都は黒焦げになります。逃げまどう住人たち。略奪するタタール人でしたが、火にのまれそうになり、逃げ出します。
タタール人はそのまま帰らず、避難していた大勢の人々を捕虜にして連れ去りました。奴隷にして売るためでした。
火事から逃れようと川で溺れ死んだ者や、黒焦げの死体が数え切れないほど散乱していました。

そのなかでゆいいつ無事だったのが、高い城壁に囲まれた宮廷――クレムリンだけでした。逃げる人々が避難しようとしましたが、門は固くとざされたままで、城門を叩きながら大勢が焼死しました。

モスクワの大火時、イヴァンは遠征しており、無事でした。しかしそのままモスクワに帰らず、焼けた町がようやく再建したころ、クレムリンにもどります。

二度目の妻が死んだのち、イヴァンは三番目の妻を探します。若い娘と結婚したものの、わずか10日で病死。
その結婚は無効だとして、さらにべつの花嫁を見つけ、すぐに結婚します。東方正教会は結婚は三度までと決まっていましたが、横暴な君主を留める者はいませんでした。

1572年、ポーランド王ジグムント=アウグストが崩御します。後継ぎの息子がなかったため、玉座を巡って各国の王たちが立候補することになりました。
ポーランドは議会と国会が尊重され、王の選出も議員たちの投票によって決まります。
ポーランド側はイヴァンではなく、息子のフョードルを立候補させてみては、と進言するも、みずからが頂点に立ちたいイヴァンは聞き入れませんでした。
ほかに立候補したのは、神聖ローマ帝国皇子マクシミリアン、スウェーデンのヨハン三世とその息子、フランス国王の弟アンジュー公。

そのころ、イヴァンは悪名高いオプリーチニナを廃止します。外国からの悪評がきっかけでした。
彼のたったひと言で国民は安堵し、皇帝の親衛隊たちは失墜します。絶望を味わう彼らを見て、イヴァンは愉快なあまり笑ったといいます。

オプリーチニクを解散したものの、イヴァンの汚名が返上されることはなく、ポーランド王には選出されませんでした。

子供ができなかった四度目の妻を修道院に送り、五度目の妻はすぐに死に、イヴァンは六度目の妻と結婚します。しかし六度目の妻に不倫され、七度目は処女でなかったと殺してしまいました。

暴飲暴食がたたって肥満したイヴァンは、昔の面影はなく、ただの醜い老人でした。それでも皇帝は絶対であり、どんな暴君だろうとロシアの人々は辛抱強く仕えます。
そんな国民性を外国の人々は不可解に感じていました。

あるとき、イヴァンは臣下のひとりである、マヌケなセミョーンを身代わりの皇帝にしました。一年ものあいだ、偽物皇帝と臣下たちのやりとりを、イヴァンは笑って見物します。
幸運なことに、セミョーンはイヴァンに命を奪われず、無事に替え玉の勤めを終えます。これも皇帝の気まぐれから生まれたできごとでした。

ポーランド国王に選出されたアンジュー公でしたが、もともと乗り気でなく、兄のシャルル九世が崩御すると、フランスに帰国しアンリ三世として戴冠します。二度と、ポーランドに戻る気はなく、新たな国王の座についたのが、ハンガリーのステファン・バートリーでした。

バートリーは軍事に長け、豪胆で正義と権力を愛し、信心深い人物であり、さっそく奪われたリヴォニアを取りもどすべく、ロシアへ宣戦布告します。
戦いはポーランド軍が有利に進み、最終的な和平交渉でロシアはリヴォニアを失いました。1581年のことでした。
その悲しみを癒やすため、イヴァンは8人目の妻と結婚します。

10.息子の死と崩御

1581年、皇太子イヴァンは27歳の屈強な青年に成長していました。頭の回転が早く教養があった反面、残忍な性格も父譲りで、父子はたびたび拷問の現場に立ち会っていました。
そんな息子をイヴァンは溺愛していたのですが、ポーランドが侵攻したさい、指揮官として皇太子を同行させては、という大貴族の提案に反発します。

そういえば、息子も同じことを言っていた。皇帝であるおのれを差し置いて。さては、玉座を狙っているな。

イヴァンはそう思いこむものの、その場はなんとかこらえました。
それからほどなく、妊娠していた息子の妻が、薄着で宮廷内を歩いていたのを咎めて殴り、流産させてしまいます。
それに息子のイヴァンが激昂。父に向かって怒りをぶつけます。
「反逆者め!」。イヴァンはそう叫びながら、息子を鉄鈎の棍棒で殴りつけました。こめかみを割った息子は倒れ、そのまま大量の血を流しながら、四日後に死んでしまいます。
われに返るもすでに遅く、イヴァンは最愛の息子を殺してしまったのでした。

葬儀後もイヴァンの狂乱は続き、あてどもなく息子を探しながら宮廷をさまよいます。
最大の罪を犯した自分には、玉座に座る資格はない。
そう側近たちに告げ、新たな皇帝を探すよう命じたものの、だれひとり同意しません。なぜなら、イヴァンが病魔に倒れたときのことが、恐怖としてよみがえったからです。

喪に服す日々のなか、スウェーデンとも休戦調停を結び、領土の一部を失います。息子を失った今、意気消沈した皇帝に戦う気力は残されていませんでした。
そんななか、東部のタタール人の部隊が、つぎつぎと戦勝し、領土を拡大していきます。イヴァンが知らないうちに、シベリアがロシアの領土になりました。

シベリアを得たことで、活力を取りもどしたイヴァンは、またもイギリスの王族との結婚を目論みます。
さすがにエリザベス女王は年齢的に難しく、その親族である姪を花嫁にしたいと、イギリスへ使者をおくりました。

エリザベス女王は承諾しません。ロシア皇帝の悪評は広まっており、息子を殺し、8回も結婚した老皇帝に姪を嫁がせるなど、とんでもない、と。
だから前回同様、縁談についてはいっさい触れないまま、友好国としておつきあいしましょう、という親書をもたせます。
姪たちは、美人でないから、皇帝のお眼鏡には叶いませんと、使者に言い、ドドメに「つい先日、8番目の皇妃が皇子を産んだのでは?」と指摘されてしまえば、縁談を進めるのは無理というもの。

不思議なことに、息子殺しの悪評が、縁談を拒絶されたのだという思いに、イヴァンが至ることはなかったといいます。

1584年、イギリスの使者がロシアにやってくるなり、イヴァンは「花嫁はまだか?」と催促するも、「もっときれいな令嬢がいるから、待ってください」と、かわされてしまいます。
そして隣国であるポーランド、スウェーデン、デンマークと友好になれば、ロシアと同盟を結んでもいい、という女王の親書に、イヴァンは激怒。使者はほとぼりを覚めるのを待ち、交渉。その繰り返し。

二ヶ月間、進展がないまま、使者はイギリスに帰国することになり、最後の会談を行う予定でしたが、取り消されました。
皇帝が病気で、謁見が叶わなかったためです。

崩御する一年前から、イヴァンは人生を振り返り、今まで殺害した人々の名前を文書にしました。決して後悔からではなく、死者の冥福を祈るために。
リストのひとつは3148名、もうひとつは3750名が挙げられていました。

1584年3月18日、体調が良くなったと感じたイヴァンは、側近たちとチェスをしているさなか、突然、息を引き取りました。
皇帝の葬儀にはおびただしい数の人々が、訪れたといいます。

その後、息子フョードルが即位するも、気弱で優柔不断なあまり、義兄に政治を頼ります。やがて、ロシアを支配したのはフョードルではなく、その義兄でした。

残虐な暴君だったイヴァン四世ですが、死後、口承人たちは彼を賛美します。古文書にはしっかりと彼の罪の足跡を残しつつ。


参考文献

イヴァン雷帝 (中公文庫)

おすすめDVD

イワン雷帝 [DVD]


1.若き皇帝のロシア改革

2.領土の拡大と大公妃の死

3.疑心と恐怖政治

4.息子の死と崩御