世界一周を競ったふたりの女性記者1

1.ふたりの女性記者

1889年11月14日。
ふたりの女性記者が、世界一周の旅に出発します。
ニューヨークから大西洋を横断する東廻りの旅は、ネリー・ブライ。
同じくニューヨークから、アメリカを横断し、太平洋へ向かったのは、エリザベス・ビズランド。

ネリーは25歳で、ワールドの記者でした。
ペンシルバニアの名士の家に生まれたのですが、幼い時分に父を失くし、母と兄弟とともに貧しい生活を余儀なくされます。20歳の時、女性の領分についての新聞記事に憤り、投書をします。それがきっかけとなり、新聞記者として働くようになりました。

行動的で負けず嫌いの反面、適応力が高くだれとでも仲良くなれた性格が、彼女を世界一周旅行へ駆り立てます。編集長へ提案し、当時の最速日数を目指して旅行を始めました。

女性がひとりで世界一周旅行など、当時は非常識そのもの。しかもジュール・ヴェルヌの小説よりも早く、80日未満で世界を周る。
もし成功すればワールド社の宣伝になるし、何より女性記者の地位向上が望める。
ネリーは女性が活躍できない男社会のマスコミ界に苛立っていました。

エリザベスは28歳で、コスモポリタンの記者でした。19世紀当時は、社会派雑誌で、現在のようなファッション誌ではなかったそうです。

南部の農園出身のエリザベスは、ネリーと対照的な控えめで知的な女性記者でした。文学に造詣があり、書評やエッセイ、詩、特集記事を書いて生活していました。南北戦争によって家が没落し、やむを得ず新聞記者として働きます。

ネリーが出発したその日、出版社から呼び出され、ライバルとして世界一周旅行をするよう命じられたのですが、すぐに承諾しませんでした。
しかし、強く説得され、すぐに支度をすませると、その日の夕方、シカゴ行きの列車に乗りました。

もしネリー・ブライに勝利すれば、出版社のいい宣伝になる。
そう、社長は目論みましたが、肝心のネリーはライバルが出発したことをかなりあとになって知ります。



男社会だった記者の世界

飛行機に乗ってだれでも短時間で世界旅行できる現在とはちがい、19世紀末は船旅の時代でした。
そして女性が単独で旅行をするには危険が多く、「旅には保護者が必要」という偏見がありました。身支度を調えるための荷物の多さも問題です。ネリーが当初、提案したときも社長に反対されています。

女性記者がオフィスで働くことはほとんどなく、書く記事は家庭向けでした。レシピ、パーティ、上流階級の社交界、ファッション、レビュー、家庭医学など……。
いわゆるニュース記事は男性記者が書き、オフィスのなかは乱雑で飲酒煙草、怒号が当たりまえの荒々しい職場でした。それもあって、女性記者は家で書いた記事を、出版社へ送るのが普通でした。

当時、アメリカの女性記者の割合は、わずか2%だったといいます。さらにそのなかでニュース記事を書いている女性記者はほとんどいませんでした。女性が男ばかりの職場で働くのは、無理だと思われていたのです。

しかしネリー・ブライは持ち前の行動力と機転で、精神病院に潜入取材をして成功。記事は評判となり、社長に認められます。
女性の地位向上を目指すため、女性たちの苦境をたびたび記事にしました。それでも女性記者は家庭向けの記事を書くよう、強要され、仕方なく書いたこともありました。
もちろん、賃金も男性記者よりずっと少ないのでした。


1.ふたりの女性記者

2.ネリー・ブライの旅

3.エリザベス・ビズランドの旅

4.ゴールとその後のふたり