児童向イラストと広告で見る昭和初期

1930年代ごろに出版された児童向け書籍のイラスト挿絵等です。戦前昭和らしい歴史を感じさせるレトロ感と、現代ではありえないだろうテーマを選んでみました。

以下国立国会図書館デジタルコレクションからダウンロードしました。全て著作権切れのパブリック・ドメイン画像です。

 ↑児童向け百科辞典の扉絵。昭和9年出版。当時の理想的な教養高い中流家庭をイメージしたのでしょう。現代の感覚だと、家のそばに工場の煙が出ているのは環境的によろしくないような……。

昭和9年の世界地図

 ↑戦前の日本の領土等、現代と国境線や国名が異なる地域がわかります。

昭和初期の園芸風景

 ↑当時の日本とは思えないような、ヨーロッパ風のモダンな庭とセーラー服。

帝国時代の勲章


帝国時代ヨーロッパの王冠

 ↑勲章と王冠。現代の百科事典にはなさそうな項目。

日中戦争の日本軍

 ↑現代の百科事典にはありえない項目。

 ↑日中戦争(支那事変)をテーマにした少年向け読み物。挿絵の解説が男泣きに熱い!

中国年鑑裏表紙

 ↑昭和初期の日本は海外にも領土を持っていたので、各国ごとの年鑑を発行していました。上記は中国(上海)版。出版社名は異なれど満鉄が出資していたようです。

南満州鉄道株式会社

 ↑満鉄の広告。

アスターハウスホテル


実業百貨店

 ↑上記2つは上海の広告。

アサヒビールとサッポロビール

キッコーユウ醤油

 ↑朝鮮年鑑の広告。キッコ○マン?とおもったら、違う会社だった。ロゴも似ているしまぎらわしいけど、昔は問題にならなかったのでしょう。

北樺太石油株式会社

 ↑蘇連邦(ソ連)年鑑の広告。当時、樺太も日本だったんだ、と実感できる広告。

上海 名所紹介

 ↑ジャパン・ツーリスト・ビューロー出版。JTBは戦前にはすでにあったのか、と今更ながら知りました。当時からカタカナ会社なのがかっこいい。

汽車づくし


汽車づくし


電車づくし


電車づくし


電車づくし


電車づくし

 ↑汽車づくしと電車づくし。○○づくしだけどページ数はごくわずか(^_^;)

自動車

自動車

自動車

自動車

自動車

自動車

自動車

 ↑これぞ自動車づくし(こちらには「づくし」はついてなかったけど)。当時の車だけでなく、飛行機、電車、消防車まで描いている優れた絵本。資料にもなりそう。

明治の歴史

明治の歴史

明治の歴史

明治の歴史

 ↑明治の歴史なのに、歴史らしい項目は大政奉還と憲法発布しかなかったという謎絵本。明治神宮を讃える内容がメインでした。

兵隊さん

兵隊さん

兵隊さん

兵隊さん

兵隊さん

兵隊さん

兵隊さん

兵隊さん

 ↑日露・日中戦争で戦う兵士たちを描いた絵本。明治の終わりから昭和初期は軍国らしいテーマの児童書やイラストがたくさんあります。

カメラ

風鈴売り

砂浜遊び

犬小屋

 ↑レトロでかわいい絵本のイラストです。当時の暮らしが伝わります。

※紹介した以外にも戦前昭和のレトロかわいい絵本画像にて公開しました。

※上記、絵本作家を紹介。
 汽車電車づくし、明治の歴史→榎本松之助
 自動車、兵隊さん他→金井直三
 アマゾンキンドル等で電子書籍を有料販売していますが、全て著作権切れです。国立国会図書館デジタルコレクションで名前を検索すれば、該当著作がヒットします。


中原淳一の便箋