フランス革命の死刑執行人

かつてフランスの都市には、世襲制の死刑執行人がいました。そのなかでひときわ有名なのが、「ムッシュ・ド・パリ」と呼ばれたシャルル=アンリ・サンソンです。
サンソン家四代目の彼は、たまたまフランス革命時に死刑執行役人だったために、フランス国王ルイ十六世を処刑しました。
王を崇拝していたシャルル=アンリは、国の命令だったとはいえ王をギロチンにかけたことを、生涯苦悩したといいます。

そんなシャルル=アンリ・サンソンの生涯とギロチン誕生について紹介。

1.サンソン家と死刑執行人

2.シャルル=アンリの苦悩とギロチンの誕生

3.フランス革命と国王の処刑


※参考書籍

死刑執行人サンソン――国王ルイ十六世の首を刎ねた男 (集英社新書)