コラム未満の読書メモ

タイトルの通り、当ブログのコラムみたいに詳細な内容ではないですが、面白かったのでぜひ紹介したい世界史関連の書籍のカテゴリです。

絶版が多いですが、Kindle版をリクエストすれば電子書籍化されるかもしれないので、読みたくなったらクリックしてください。(ここ強調。紙書籍だと品切れあるけど、電子書籍は在庫無限です!)

書籍タイトル一覧

傭兵の二千年史
図説 プロイセンの歴史―伝説からの解放
戦闘技術の歴史3 近世編
補給戦―何が勝敗を決定するのか
日本兵捕虜はシルクロードにオペラハウスを建てた
雍正帝―中国の独裁君主
わが半生―「満州国」皇帝の自伝 ・完訳 紫禁城の黄昏
ギャング・オブ・ニューヨーク
マリー・アントワネット 上下巻
崇高なる者―19世紀パリ民衆生活誌
ドイツ参謀本部-その栄光と終焉
ハプスブルク家
やんごとなき姫君たちのトイレ・寝室他
戦争論 上下巻
ビスマルク ドイツ帝国を築いた政治外交術

※2019/7/28に投稿した記事は、以前、別ブログにて公開したものです。デジャブを感じたらネタの使いまわしですので、ご了承くださいませ。